痴漢・盗撮冤罪の場合

自分には全く身に覚えがないのに痴漢などの疑いをかけられた

痴漢などの疑いをかけられて、駅員や警察官に事情聴取されるような状況になってしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

まず、現行犯逮捕されないことが重要といわれています。被害者や駅員などに取り押さえられた場合、私人による現行犯逮捕としてその時点から逮捕の効力が始まってしまい、その後の勾留とあわせて最大23日間の身体拘束がなされてしまいます。

これを避けるためにも、名刺などで身分を明かして「逃げも隠れもしない」ことを示し、その場を立ち去るのがよいと言われています。ただし、逮捕されないために走って逃げたりするのは得策ではありません。なぜならば、走って逃げたという事情が「逃亡のおそれあり」との判断につながり、逮捕や、その後の勾留や勾留延長につながる要素となるだけでなく、万が一有罪の判断を下されてしまう場合に、不利な事情として量刑が重くなってしまうからです。

すぐに弁護士に相談を

このように無実の罪、冤罪で逮捕や事情聴取される立場になってしまった場合、逮捕されてしまったかどうかに関わらず、すぐに弁護士に相談してください。弁護士は、逮捕されていた場合には、その身体拘束からの解放のための活動をします。拘束された状態で、会社や学校への不安等を抱え、無実を訴え続けるのは大変です。弁護士に相談いただくことで、早期の解放に向け、各所に働きかけます。

また、検察官に起訴されて裁判になってしまう場合に備え、弁護士は有利な証拠の収集等を行い、裁判では全力で無罪を勝ち取るための弁護をします。昨今の痴漢事件では、冤罪であるとして無罪となるケースも増えてきています。

また、冤罪だとしても事を荒立てず早期解決するために、被害者と示談して起訴猶予や略式罰金を目指す、という方法もあります。この場合、弁護士は被害者との示談獲得を目指すこととなります。しかし、その際もそれが本当にベストな対応なのか、弁護士と依頼人でしっかり相談して決めたうえで活動を行います。

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

上記が繋がりにくい場合は03-6263-9944まで

お問い合わせの総合ページはこちら

緊急接見の場合には、1回について5万円を費用(税・実費別)としてお願いしております。