罰金処分が科される場合、罰金額はどれほどになるのでしょうか

一般的に、盗撮や痴漢は迷惑防止条例違反として処罰されます。迷惑防止条例は、地方自治体によって名称や内容が異なります。例えば、東京都の迷惑防止条例では、痴漢について、最大で6ヶ月以上の懲役または50万円以下の罰金に処すると規定されています。具体的にどのような刑を科すのか(懲役刑とするのか罰金刑にするのか、懲役刑だとすれば何年にするのか、罰金刑だとすれば額をいくらにするのか)は、痴漢行為の具体的内容、被害者の感情、前科の有無などの事情によって決まりますので、個々の事件ごとに科される刑の内容は異なります。ただ、盗撮や痴漢の事例においては初犯であれば、懲役刑が科されることは少なく、罰金刑となることが多いと言えます。その額は、20 030万円が多いようです。

ただし、これはあくまでも一般論です。示談が成立した場合や、贖罪寄付等をした場合には、罰金額減ることがありますし、盗撮や痴漢の程度が重い場合には増額となる場合もあります。

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

上記が繋がりにくい場合は03-6263-9944まで

お問い合わせの総合ページはこちら

緊急接見の場合には、1回について5万円を費用(税・実費別)としてお願いしております。