痴漢・盗撮事件を起こしてしまいましたが、逮捕されてはいません。もし弁護士に依頼した場合、どのようなことをしてもらえるのでしょうか。

痴漢・盗撮事件を起こしてしまった場合、できるだけ軽い処分、つまり不起訴にしてもらうためには、被害者と示談をしなければなりません。そして、痴漢や盗撮の事件の場合、加害者である依頼者の方には、被害者の連絡先などは教えられません。示談交渉をするためには弁護士に依頼しなければなりません。示談の際には、依頼者の方ご自身には、示談金を準備していただいたり、謝罪文を書いていただいたりすることになります。示談が成立した場合、弁護士から検察官に示談が成立したことを報告し、不起訴を求めます。

もっとも、被害者が、被疑者や弁護士と連絡を取りたくないなどの理由により、弁護士が検察官に被害者の連絡先を尋ねても、連絡先を教えてもらえないこともあります。この場合、示談以外の活動、謝罪文の作成やカウンセリングの受診状況などについて、報告書を作成して、検察官に提出し、できるだけ軽い処分が相当であるとの意見を述べたりします。この場合、示談金を被害者に支払うことはできないわけですから、示談金相当額を供託していただいたり、贖罪寄付(罪を償うために寄付をすること)をしていただいたりすることもあります。

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

上記が繋がりにくい場合は03-6263-9944まで

お問い合わせの総合ページはこちら

緊急接見の場合には、1回について5万円を費用(税・実費別)としてお願いしております。