成功事例2(電車内の痴漢 勾留阻止)

依頼者様は、通勤途中の電車内でつい痴漢行為をしてしまい、現行犯逮捕されました。この方は過去に同じ痴漢で2回処分されたことがある方でした。当事務所は依頼者様のご家族から受任し、勾留(長期の身柄拘束であり、20日が最長)を防ぐことを目的とした活動を行いました。具体的には、弁護士が、依頼者様には正社員としての定職があり、安定した仕事を棄てて逃亡することは考えにくいこと、奥様やお子様を扶養しており、愛するご家族を棄てて逃亡するおそれがないこと等を上申書で裁判所に力説しました。また、この事件では被害者の方が見知らぬ方でありましたが、電車の通勤経路を変更することを依頼者様に約束していただき、被害者の方に接触することがないこと等を裁判所との間で確認しました。そうした弁護活動が功を奏して、痴漢を繰り返してしまっており、勾留される可能性が高い事案でしたが、勾留を阻止することができました。

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

上記が繋がりにくい場合は03-6263-9944まで

お問い合わせの総合ページはこちら

緊急接見の場合には、1回について5万円を費用(税・実費別)としてお願いしております。